今日も生きてます

生きることを選択した豆腐メンタルの日常

失恋から学んだこと。失恋の大切さ。立ち直り方。

f:id:kmkm0617:20170216234344j:plain

こんばんは〜

なんだかんだ気分浮上中の小室です。

 

今回大きく失恋をしました。

悲しい気持ち、暴れてしまいたい衝動、何もしたくない倦怠感などなど・・・。

失恋三日目にしてこれだけの気持ちを抱えました。

ただ、悲しいだけではないです^^

新しい人生の幕開けかもしれないという明るい気持ちも出てきました。

辛いときは辛いことしか考えられませんよね。

無理に明るく振舞おうとすればするほど、気持ちのギャップに疲れてしまうひともいれば、明るく振舞っているうちになんだか元気になるひともいます。

私は後者ですww

 

なんだかんだ好きな人がいたときはその人しか目に入っていなくて、まさに恋は盲目状態でした。

しかし、今、周りに目を向けて見て思ったことがあります。

出会いはわりとそこかしこに転がっていて、出会いがないと思うのは、自分が出会いがある場所や物事に積極的でなかったからって気づきました。

確かにまだ忘れられないし、こんなに好きなのになんでだー!!と思うときもありますが、相手にそれをいくら押し付けても、いらない新聞を取れといわれているようなものなので、とりあえずこの気持ちは自分にぶつけて、人に好きになってもらえる自分になるように努力する方向に持って行ってます^^

 

この数日間、いろんな人に悩みや辛い気持ちを聞いてもらいました。

わかったことは、辛いときは辛いんだから、そのまま辛いのを噛み締めてとりあえず生きること。

冷静になって考えたときにその人が自分にとって本当に必要であったかどうか考えること。

一ヶ月しっかりじっくり考えて、いろんな人ととりあえずあって見て、それでも相手を思うならその気持ちは大切にすること。

好きになってもらえる努力をしていれば、他にもっといい人が現れる可能性があること。

それと自分で感じたのは、この気持ちが本物なら、諦めない。

彼女に申し訳ないと思う程度ならやめた方がいいこと。

相手が彼女からこっちに気持ちが向くなら、それは彼女が好かれていることにあぐらをかいて自分磨きを怠ったか、私が彼女以上に魅力的になれたからだから、と強気で妄想すると割と楽しいこと。

妄想した自分を実現させること。

 

今はまだ失った直後で正常な考えは口先でしかでてこず、考えは悲観的になりがちですが、初日よりはよくなっているので、時間がそろそろ解決してくれるとも思っています。

じっくり考えて考えながら自分の悪かったところを見直して、その悪かった部分を無くせば、その人に好かれるとか言う前に、他の人から見ても魅力的な自分になれるかもしれません。

とにかく今は、辛いなら泣きまくって、明るいときはとことん妄想、実行。

彼女から彼を奪うなんて!って思う人はなんか偉そうなことたくさん言ってごめんなさい。

確かに私も彼氏がいたとき、そういう女性がうろちょろしてるの最高に嫌でした。

でも、それは自分に自信がなかったからです。

努力と自信は比例していて、頑張れば頑張るほど自信に繋がるって先生に教えてもらいました。

あんだけ勉強したんだから絶対いけるっていう気持ちが大事だって。

だから私も、それをいま、ちゃんと思い出したので、努力をし続けて素敵な女になってやろうと言う闘志に燃えてます。

ここがだめだったって教えてもらったので、まずはそれの改善から。

 

どうしても失恋で気分が落ち込んでしまう人は、誰もいない場所に行ってとことん落ち込んで泣いて喚いてみてください。

五年くらい前に小室には結婚を約束した彼がいましたが、私のわがままが過ぎたため破局しました。

このときはもうそれはそれは落ち込み、死ぬことも考えました。

死ぬことを視野に入れて山に行きました。

この崖から飛び降りてやろう!と言う気持ちで。

でも、崖に立って見たらなんだか悲しい気持ちがぐぐぐっと込み上げてきて、涙もだばだば。

感情に任せて、叫んで泣いて、全部出し切った頃に「なんでこんなことでへこんでんだ。しかも崖でwwwうけるwww」という言葉がぽろっと出てきたのです。

私は生きることに執着があるので、生に未練がない人はここで人生終わってしまうパターンもあるかもしれません。

ただ、私は生きることを選択したのでとりあえず家に帰って寝ました。

落ち込んでる私を見かねた姉が、一緒に暮らすことを提案してくれたので、姉夫婦の家に居候することになりました。

そこから生活は一変。

仕事を探して、部屋を綺麗にして、新生活に必要なものを揃えて、と忙しく動いていたらあっという間に三ヶ月経過。

そのうちに新しい仕事先の人を素敵だなと思ったり、出会いの場所に向かったり、友達と遊んだり、彼のことは心の片隅においてはいましたが、その引き出しも開ける機会が減り、自然と忘れることができました。

私はその時の彼のことは見た目から好きになったので、性格も好きとか仕草も好きというのは後付けだったことに気がつきました。

思い出せば、嫌だったところもだんだん出てきて、「あの人は私の運命の人ではなかった!」という考えに至りました。

そのあとは暇なときは一緒に買い物したりご飯食べたりしたときもありましたが、それで終わり。

気持ちも戻ることがなかったです。

自分に一生懸命になったときこそ、本質を見抜く力がつくと思っています。

理由をつけて無理やり忘れるよりも、ずっといい終わり方をしたので、今回も時間をおいて自分のことを精一杯こなして、それでも忘れられなかったらそのとき考えようと思いますww

時間は勝手に流れていくので、その時間を自分で止めない限りは一生懸命に頑張ります^^

前向きな心が自分にあることを忘れずに^^