読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も生きてます

生きることを選択した豆腐メンタルの日常

無職だから就職活動してみた

就活奮闘記

私も無職というものになって4日経ちました

いい感じにお金は減っていくものだという不安感に苛まれはじめたのでそろそろ就職活動をばと思いとりあえず求人サイトをひらいてみました

今日開いたのはこちら

アルバイト・バイト情報のバイトル|人気の求人も満載!

そうバイトルさんです

バイトルと言えばバイトを探すものと思っている方も多いと思いますがなんと、正社員のお仕事情報も掲載されているんです

私はコンビニで働いているときあまりの労働時間の多さに気が向いたときにこのサイトを見ながら絶対辞めてやるという思いを胸に秘めながらバイトしてました

バイトルさんのいいところは、何につけてもその知名度の高さから掲載されている仕事量もなかなかに多いところです

職種もかなりのジャンルから選べるので、はっきりとこの仕事がしたいというのであればかなり見つけやすい仕様になっていますね

こういうサイトで仕事情報を検索していると必ずと言っていいほどでてくるのが「夜のお仕事」ですね

飲食店や接客、もしくは職種は選ばずに「未経験可」「フリーター歓迎」のキーワードや地域だけ選んで検索してると必ずと言っていいほどでてきます

ですが、この掲載情報を不要と感じる人も多いのでスナック系の情報を非表示にする設定ができるようになっています

便利ですね

しかしせっぱつまってくるとこういう広告も表示させて少し悩んでしまいます

将来性がない仕事ではないし、短時間で稼げるし、なにより人と話すことが好きな人、得意な人なら天職になりうる仕事ですね

自給よすぎて目がくらみそうです

しかしそこはぐっとこらえて(でも表示はさせておく)とりあえずはやりたいことが見つかるように全職種を検索対象として見てみます

ただ、地域は限定させないと見きれないので注意です

探すのは骨が折れます

私の経験上、無職でいる人、働きたいと思うのになかなか社会に出ることができない人、このほとんどの人において共通しているのが「自分のしたい仕事がない、したい仕事がわからない」と思っています

なんとなくで始めた仕事だけど、楽しい!やりがいがある!なんてのはなかなかない話です

できることなら最初から自分にあった仕事を見つけたいですよね

私も現状、したいこと、やりたいという気持ちというのがないので、とりあえずは求人サイトだけ見る日々を続けていきます

ひとつ言えるのは接客はもう嫌です

否定していって消去法で仕事を見つけるのも一つの手だなとは思います

でもそんな後ろ向きなスタートは嫌なので、気持ち的には次はどんな職種で経験積んでやろうかなという下見を兼ねた活動を心がけています

働くということは非常に難しいです

難しいというより、私たち人間自身が難しくしてしまっていると思います

日本人は特に、ハードワークすることが美徳と考える風習が年代が上になるほど備わっているので難しいですね

そこから現代人の就職離れのようなものが起こっているのかもしれないですね

沢山働くこと=会社に貢献する行為、という方程式が築き上げられてしまったら危ないと思っていいです

沢山働くことで得られるものはなんですか

お金ですか達成感ですか

しかしそれは残業や休日出勤しないと得られないものなのでしょうか

よく考えてみてください

私もこの課題に現段階でも少し悩まされています

会社に貢献するという点でも同じです

残業した結果のみで成果がでることなんてありません

なんて小難しいことを書いてみましたが、要するに嫌だと思う仕事はしない

これに尽きます

とりあえず私はやりたい仕事もやりたいことも特にないのでこれは嫌、あれは嫌の消去法で今のところ探しています

残業が無くて、接客じゃなくて、でも人と会話ができて、やりがいがあって…

なかなかわがままな要望しかない気もしますが、今回の就活に妥協はしたくないので必死になって探します

絶対に見つけてやる