今日も生きてます

生きることを選択した豆腐メンタルの日常

コンビニアルバイトは大変?ラクチン?

今日も元気に引きこもってます

小室です

さて、先日退職小室はコンビニアルバイトを辞めて晴れてニート生活を満喫しているわけなのですが、皆様はコンビニでのアルバイト経験はありますか?

あるという方はそのバイト、楽しかったですか?

辛くはありませんでしたか?

私は正直半々くらいでした

コンビニのアルバイトって具体的に何するの?

経験のない方もいるかと思いますのでまずはコンビニ店員が主に行っている仕事内容について書いてみます

レジ打ち

まず基本的な作業内容としてレジ打ちが上がります

これはもう言うまでもなく皆さんがコンビニに買い物に行き、商品を購入する際にしてもらう作業ですね

レジでの作業にも色々とあります

  • 商品購入
  • チケットの発券
  • 料金収納
  • 郵便物
  • 返品・返金
  • 各種予約受付

大きくわけてとりあえずこのくらいでしょうか

一見少なく見えますが、商品購入に関してだけでもいくつか分類があります

 

商品購入

一番レジ打ちにおいてメインとなる作業です

お客様がレジに持ってきた商品のバーコードをスキャンして、持ってきた全商品の合計金額で会計することを指します

まれにバーコードが無い商品は手打ちで金額を入力することもありますが、たいしたことではありません

すぐにできます

商品購入のレジ作業だけであればとても簡単なので、未経験でもすぐに覚えることができます

皆はじめはここから教わります

取り扱っている商品にはカウンターフーズ(お店で揚げたり焼いたりしたレジ側に並んでいるホットスナック)や、切手・はがき、レターパック、ギフトカードなど様々な商品が取り揃えられています

カウンターフーズや切手・はがき、レターパック等に関してはレジ側で店員が保管してある場所から取り出してお客様にお渡ししなくてはなりません

普通の商品と違ってレジの画面にあるタッチパネルで商品を登録していくので、最初のころは見つけるのがたいへんかもしれませんね

 

チケットの発券

チケットの発券はどのコンビニでも行える便利なシステムですね

遊園地や映画、レジャー施設、美術館、博物館、その他にもプリペイドカードの発券もできてしまうのですからコンビニもかなり本当の意味でコンビニエンスになってきましたね

それが店員の負担を大きくしている理由の一つだと私は思っています

チケットの発券をする際に、お客様自身にチケットを発券する前の段階で「仮予約」のようなものを専用の機械で行ってもらいます

今ではほとんどのコンビニにありますね

機械の操作でわからないことがあればその機会に備わっている受話器を取ってオペレーターにつなげるのでこの機械の操作に関しては何も難しいことはありません(受話器がないやつもあったかもしれませんが…)

とある店舗だと機会を操作してその場で会計できるものもありますが、私の勤めていた店舗は機械操作終了後バーコードの印字されたものをレジに持ってきてもらってスキャンする形式でした

このチケットの発券で注意することは、内容によっては現金のみの取り扱いしかないことです

スタッフ側の画面に「現金だけしか使えないよ」的なポップアップが出ますが、そこでお客様に確認せずにそのままお会計まで進んでしまい「カードしかないよ。現金だけなんて聞いてない」とクレームにつながる&登録してしまっているので後処理が面倒

なのでちゃんと確認してからお会計に移りましょう

 

料金収納

続いては料金収納についてです

これは皆さんご存知、公共料金の支払い等で使われる「バーコードのついた請求書」の支払いのことです

バーコードが付いていないものに関しては、銀行を案内しています

これもいたって簡単です

タッチパネルを操作したのち、バーコードスキャン、お会計、領収書のお渡し

以上で終了です

最初は軽くパニックになる事もありましたが今ではもう「あ~はいはい料金収納ね」くらいの気持ちで取り組んでます

 

郵便物

これに関してはコンビニごとで提携してるサービスが違うので何とも言えませんが、残部に共通することは着払い(荷物受取時に運送料を支払う)か元払い・発払い(荷物を送るときに運送料を支払う)を選択して伝票を書いてもらうことです

伝票自体はお客様に住所や中身が何かを詳しく書いてもらえればほぼ完成なのでそんなに難しいことはありませんが、スタッフ側はサイズを測ったり重さを測ったりお客様に希望日時を伺ったり確認したりしなくてはいけないので、これは初心者には割とハードルの高いものかもしれません

実際に私も新人のアルバイトに教える時に3回ほど隣について教えたりしましたが、いまだにどうしていいかわからず止まってしまう・助けを求めてくる子が多かったです

立地的にかなり忙しい店舗であったためレジが並んでしまうとどうしても作業をかわる必要があったので短い研修期間でこれを完璧にするのは教える側も難しいです

 

返品・返金

なんでもかんでもできるわけではありませんが、包装が破れていない・レシートを持っているもしくはレジをやった本人が購入したかを覚えていればたいていはできます

もちろん不良品、異物混入であれば即座に行います

これは対応によっては大きなクレームに繋がりやすい作業の一つなので新人はまずやることはないでしょう

対応に困ったらすぐ店長や上司、先輩に相談です

うちで多かったのはタバコの取り間違いですね

こちらの聞き取りミスもありますが、大体の場合お客様が注文番号を間違えることがほとんどでその場で気づいてくれるのでその場合はささっと返品・返金・希望の商品で会計を行います

 

各種予約受付

実は小室、これ一回しかやったことないんですよ

しかも東京にいたときに働いてたコンビニで11月ごろに喪中のはがき受付でした

社員の人も喪中のはがき受付なんてやったことないらしくて二人でテンパってました

こちらのコンビニでも小室はトータルしたら3年ほど働いているのですが3年間一度も予約受付をしたことも、しているのを見たこともありません

これは立地の問題もあると思いますが、ネット通販が主流になりつつある今、わざわざコンビニに出向いて予約するなんてことはよほどなにかいい企画であるかウケるグッズでない限りないのかもしれませんね

品出し

次は品出しについてです

これはもういたって簡単

バックヤードに保管している在庫と呼ばれるものを売り場に出すだけの作業です

基本的に在庫としてバックヤードに保管してあるものは売り場の商品よりも後に納品されてきたものなので賞味期限や使用期限が売り場の物よりまだ先の物です

なので商品を売り場に出すー品出しをするーときは必ず今売り場に出ているものより賞味期限等が遅いか早いか確認して賞味期限が近いものが一番手前にくるように陳列します

賞味期限がないものに関しても統一してこのような品出しをしています

理由は商品がリニューアルしてバーコードが変わっていることがあるかもしれないからです

バーコードが変わっているとのちのち古い方のバーコードが使えなくなることがあるので我々はなるべく古いものが前になるようにしています

掃除

これは一応マニュアルがありますが、店舗によってかなり差があります

時間で区切って担当する人が行うように設定しているところもありますが、小室が働いていた店は汚れに気づいたら気づいた人がその時やるという感覚でした

床の掃除や大がかりなものは夜勤の方がお客様のいない時に行っていましたが、カウンターを拭いたり、商品の埃をとったりするのは昼勤が行っていました

ゴミの回収に関しては割と決まった時間に回収していました

納品の片づけ

これも種類があります

一つはお弁当やお惣菜、おにぎり等毎日納品が来る物

タバコやお菓子カップ麺雑貨等、決まった曜日にしか来ないもの

ただ、これも品出しと一緒なので簡単で単純な作業です

難しいのは新商品が来た時です

新商品はまずその商品を置くスペースを作り、プライスカードという値段の書いた紙を設置します

これだけなら簡単に見えるかもしれませんが、やってみると意外と少し難しいんです

商品の分類をわかっているかつ、ここにあった商品はもう納品されてこないからスペースが空いているのかどうか確認しながら古いプライスカードを捨てて、場所を作りながらやらなくてはいけません

これも店ごとでやり方は違うかもしれませんが、小室のいた店舗は納品を担当している人が納品された商品を見てプライスカードを探し、場所を確保して時にはいろんな商品を入れ替えたりして売り場にだしていました

ただこれも慣れればたいしたことありません

途中から単純作業に変わります

クレームの対応

これには電話対応も含まれています

ただ、クレーム対応をペーペーのアルバイトに任せるような店舗はほとんどありません

多くの場合本部の人が解決してくれることが多く、回ってきてもオーナーや店長までにしか情報がいかないことがほとんどなので問題ないです

ただ、レジの最中に怒られたりすることはあります

理不尽にキレてくる人もいます

その場で言われたらなるべく笑顔をくずさずに「大変申し訳ございませんでした以後気を付けます。ご指南ありがとうございました。またのご来店心よりお待ちしております」と言うことですべて完結することが多いです

楽しいか楽しくないかは自分次第

結局はそうなんです

作業内容にしろ何にしろ、人と接するのが好きであれば楽しい仕事です

クレームがついても、「次頑張ればいっか!」と笑って過ごせるようならまさに天職かもしれません

私なんかは気に入らないお客様に対してあだ名をつけたりこっそり一緒に入っているスタッフとファッションチェックなんかしたりして遊ぶこともありました

それが楽しかったので毎日楽しくバイトしてたんだと思います

雇用が増えれば私ももう少し楽になって続けられていたかもしれませんが現状コンビニの人手不足はあちこちで加速していますね

コンビニの店員というと見下されがちですがコンビニで働いてきた我々はその大変さをわかっています

誇りをもってできる仕事です

これを見ているコンビニ利用者の方々も「コンビニ店員も意外と大変なんだな」と理解していただければ幸いです

 

次回は実際にあったミスやクレームについて紹介します